お祝い・お祝い状・結婚の手紙の文例・書き方(雛形・様式・文例・書式・テンプレート・フォーマット )
TOP
プライバシーポリシー
祝い状・お礼状・招待状・結婚祝い・出産祝い・入学祝・節句祝い・誕生祝い・ウェディングレター・婚礼



<手紙 「 結婚祝いの手紙 」 の文例>
 拝啓 残暑の季節から初秋を迎え、すがすがしい季節となりましたが、 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 
 このたびは結婚おめでとうございます。お二人の晴れの門出を心から祝福申し上げます。
 御家族の皆様のお喜びもひとしおのことと思います。
 これからは二人三脚で、すばらしい家庭を築かれますようお祈り申し上げます。
 ささやかですが、別便にてお祝いの品をお送りいたしましので、新居で使っていただければ幸いです。
 末筆ながらますますの御多幸のほどお祈り申し上げます。 

敬具



 手紙 「 結婚祝いの手紙 」の書き方

このページは、手紙「 結婚祝いの手紙 」の書き方を提供しています。

お祝い・結婚で使う手紙の例文一覧はこちらへ   手紙文例一覧

  当サイト「お祝い・結婚の手紙の文例・書き方」は、結婚のお祝い・結婚の報告・お礼状・招待状・合格祝い・入学祝い・就職祝い・節句祝い・出産祝い・成人祝いなどの祝い事で利用する手紙の書き方・文例・マナーをご提供いたします。


◆手紙を上手に書くための基礎知識
手紙のスタイル
 手紙は、以下のような構成で成り立っています。これを守ると礼儀正しく読みやすい手紙を書くことが出来ます。
前文 ・・・ 頭語(「拝啓」・「謹啓」など)
時候のあいさつ(「新緑の候」など)
安否のあいさつ(「ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。」など)
主文 ・・・ 起語(起こし言葉・「さて」・「このたび」など)
本文
末文 ・・・ 終結のあいさつ(「まずはお礼まで申しあげます」など)
結語(「敬具」・「謹白」など)
後付け ・・・ 日付
署名
あて名
追って書き ・・・ 追伸

頭語と結語の組み合わせ
頭語 結語
使い方
拝啓 敬具 一般的な手紙
謹啓 謹白 丁寧な手紙
謹啓 かしこ 女性が書く丁寧な手紙
急啓 草々 急用の場合
拝復 敬具 返事の場合
再啓 敬具 再信の場合
前略 草々 前文省略の場合




サイト内に記載されている情報の無断転載を禁止します。